TALK
2017.12.01 19:30-21:00
無料(展覧会パスポートが必要になります)
vol.7「ベトナム・ハノイのアートシーンとコミュニティについて」
BACK

vol.7「ベトナム・ハノイのアートシーンとコミュニティについて」

出展アーティストのグエン・チン・ティが拠点とするベトナムは社会主義国家で、アートをとりまく環境は検閲など多数の困難と隣合わせです。グエンは、アーティスト集団「ニャサン・コレクティブ」のメンバーとして、またドキュメンタリー映画やビデオ・アートなどの映像制作と教育に主眼を置くメディアセンター「Hanoi Doclab」の代表として、現地のアートコミュニティを牽引するとともに、国際的にも活躍するアーティストです。彼女の活躍や作品、ベトナムの状況を通して、地域の違いにおける社会とアートの関係を考察します。

地域美学
本展を読み解くためのトークシリーズ。2000年以降、地方都市や地域を拠点とする建築家やアーティストが増加し、地域のコミュニティに根ざした活動や、公共性や社会性が高いアートプロジェクトのあり方が各地で問われています。「地域」がフォーカスされている今、改めて有効な社会とアートのあり方を模索します。

会場 港まちポットラックビル1F
ゲスト グエン・チン・ティ(逐次通訳あり)
定員 30名(予約不要)
参加費 無料(展覧会パスポートが必要になります)