EXHIBITION
2022年1月25日(火)–3月12日(土) Tuesday, 25 Jan 2022–Saturday, 12 Mar
ドキュメント展「MUSIC / ART / MINATOMACHI 港まちで生まれる音楽とアート 2021-2022」
BACK
EXHIBITION「MUSIC / ART / MINATOMACHI Music and Art from the Nagoya Port Area 2021-2022」
ドキュメント展「MUSIC / ART / MINATOMACHI  港まちで生まれる音楽とアート 2021-2022」

『港まちで再会する映像プロジェクト』プログラム4映像作品撮影の様子

ドキュメント展「MUSIC / ART / MINATOMACHI  港まちで生まれる音楽とアート 2021-2022」

「港まちオンラインAIRプログラム」リサーチの様子

ドキュメント展「MUSIC / ART / MINATOMACHI  港まちで生まれる音楽とアート 2021-2022」

「レジデンス・アンサンブル プロジェクト」活動の様子 撮影|三浦知也

名古屋港エリアでは、音楽とアートのフェスティバル「アッセンブリッジ・ナゴヤ」を中心に、コンサート、ライブ、パフォーマンス、プロジェクト、展覧会など、さまざまなプログラムによって、港まちの風景に音楽とアートを届けてきました。
今年度からは「アーティスト・イン・レジデンス(Artist in Residence)=AIR」を中心とした、新たな活動が始まりました。AIRとは、アーティストがまちに滞在し、制作や活動を行う取り組みです。名古屋港エリアの歩みを遡ると、かつて港湾に存在した空き倉庫を活用したスタジオ事業などが実施されていた経緯もあります。そうした礎のもと、港まちを舞台にアーティストや表現者がまちに滞在し制作や活動を行うことで、まちや人びとが芸術と出会いつながりながら、新たな文化が育まれていくことを目指しています。今回は、2021-2022年に活動したプログラムをドキュメント形式で紹介する展覧会を開催します。

日時 2022年1月25日(火)–3月12日(土) 11:00–19:00(入場は閉館30分前まで)
*イベント等により、一部の展示をご覧いただけない時間が生じる場合があります。
休場日 日曜・月曜・祝日
会場 港まちポットラックビル 2Fスーパーギャラリー
参加 無料
プログラム 『港まちで再会する映像プロジェクト』プログラム4 映像作品上映
「港まちオンラインAIRプログラム」成果発表
「レジデンス・アンサンブル プロジェクト」記録映像上映
『GOFISH & 浮|港まちの屋上ライブ』ダイジェスト映像上映
アーティスト 井手健介フー・ファンチョン山下拓也アンサンブル・ヴィオレGOFISH
Date / Time Tuesday, 25 Jan 2022–Saturday, 12 Mar
Venues Minatomachi POTLUCK BUILDING 2F, Super Gallery
Admission Free
Program
Artist Kensuke Ide, Hoo Fan Chon, Takuya Yamashita, Ensemble Violet, GOFISH, BUOY
プログラム詳細
『港まちで再会する映像プロジェクト』プログラム4 映像作品上映

アーティストたちが「港まち」と再会することをコンセプトに、映像を制作する『港まちで再会する映像プロジェクト』。コロナ禍の2020年には3本の作品を制作しました。今年度はその第四弾として、自身も映像の監督を行うミュージシャン・井手健介による映像を制作。演奏には井手健介のほか、井手健介を中心としたバンド「井手健介と母船」のメンバーが出演し、録音はミュージシャン・作曲家でもある宇波拓が務めました。港まちのさまざまなロケーションを舞台に、独特の存在感とミステリアスさを含んだ映像作品となっています。

アーティスト|井手健介(Vo, Gt)、墓場戯太郎(Ba, Cho)、清岡秀哉(Gt)、北山ゆう子(Dr, Cho)
撮影・編集|冨田了平
録音|宇波 拓
照明|池田真子
「港まちオンラインAIRプログラム」成果発表

今年度から始まった、アーティスト・イン・レジデンスの取り組みとして、海外アーティストを招へいし、港まちでの滞在・活動をサポートし交流するプログラムがスタートしました。 今年度はコロナ禍の渡航制限により、実際に来港することは叶いませんでしたが、ペナン島(マレーシア)を拠点にアーティスト/キュレーターとして活動するフー・ファンチョンを招き、名古屋を拠点に活動するアーティスト・山下拓也とともにオンラインでのリサーチプロジェクトを実施。 ドキュメント展ではオンラインやSNSでのやりとりを通じて、アーティスト2人がペナンと名古屋、それぞれの都市でリサーチを行う交換プロジェクトの成果を発表します。

アーティスト|フー・ファンチョン、山下拓也
「レジデンス・アンサンブル プロジェクト」記録映像上映

東海エリアを中心に活躍する演奏家が、港まちの人々とともに、顔を合わせたり対話を繰り返し、一緒になってコンサートや、音のある風景を創り出すプロジェクト。これまでに4組が定期的にまちに滞在し、児童デイサービスや老人サロン、イベントなどで演奏を続けてきました。今回はアンサンブル・ヴィオレによる活動の記録映像を上映します。

演奏家| アンサンブル・ヴィオレ(木管五重奏)
細川杏子(F)、河野真子(Cl)、田中梨彩(Ob)、山崎瑞季(Hr)、巣立ひかり(Fg)
『GOFISH & 浮|港まちの屋上ライブ』ダイジェスト映像上映

昨年11月に開催した「ポットラックバザール presents 港まちブロックパーティーミニ meets みなと土曜市」にて、GOFISH(テライショウタ)と浮(米山ミサ)による屋上ライブを開催。そのダイジェスト映像を上映します。 港まちと関わりの深いGOFISHと、港まちに初登場の浮。これまで共演や客演なども含めて親交ある2人のシンガーソングライターの、それぞれのパフォーマンスはもちろん、2020年にテライが港まちの滞在制作プロジェクトで制作した楽曲や、この日限りのコラボレーションなど、盛りだくさんのライブから一部始終をお届けします。

出演|GOFISH、浮
撮影・編集|冨田了平