TALK
10.6(土)17:00–19:00
無料(要・ブリッジパス)
地域美学スタディ vol.8
「UCOラウンドテーブル:場所をつくること/継続すること」
BACK
Regional Aesthetics Studies vol.8
地域美学スタディ vol.8<br>「UCOラウンドテーブル:場所をつくること/継続すること」

地域美学vol.4の様子

地域美学スタディ vol.8<br>「UCOラウンドテーブル:場所をつくること/継続すること」

本展を読み解くためのトークシリーズ。近年、地方都市を拠点とする建築家やアーティストが増加し、地域のコミュニティに根ざした活動や公共性・社会性が高いアートプロジェクトのあり方が各地で問われています。「地域」がフォーカスされる今、改めて有効な社会とアートのあり方を模索します。

今回はUCOの取り壊しについてを主題として、都市や地域の移り変りとアートプロジェクトにおける「場」のあり方について、アート、建築、公共、哲学、人類学の観点から検証します。

 

日時 10.6(土)17:00–19:00
会場 港まちポットラックビル 1F
ゲスト 小山田 徹(アーティスト)
篠原雅武(京都大学非常勤講師/哲学・公共空間論・環境思想)
定員 30名(予約不要)